一人暮らしを始める前に準備することは?

初期費用を把握しておこう!

一人暮らしを始める前に、初期費用がどの程度かかるのか把握しておきましょう。引っ越しには意外とお金がかかってしまい自分の貯金でまかないきれないケースもあります。まず、物件の費用ですが、敷金、礼金に加え、家賃1か月分と仲介手数料が初期費用としてかかります。家賃6万円と仮定すると、一般的には30万円ほどになります。敷金礼金無料、仲介手数料無料のマンションもあるので、初期費用をおさえたい方はそういった物件を選ぶと良いです。
つぎに引っ越し費用ですが、引っ越し時期にもよりますが、引っ越し業者にすべて委託するか友人、知人に手伝ってもらうかで費用はかなり違いがでます。試しに一社から見積もりをもらって、概算を把握しましょう。

月々かかる費用の概算を知ろう!

引っ越しも済み、家電も家具も揃って生活を始める準備が整ったとしても、月々にかかる費用が赤字では生活は成り立ちません。自分が生活するイメージを持って月々にかかる収支を把握しましょう。これからアルバイトなどを始める予定で収入が安定しない方は、あらかじめ最初の3か月分の家賃を確保できる貯金があった方が良いですよ。
支出項目としてはざっくりと家賃、光熱費、通信費、食費、雑費の5項目に分けられます。そのなかでも家賃、光熱費、通信費はほとんど変動しないので概算がたてやすいです。ガス代は都市ガスかプロパンガスかで費用がかなり異なるので注意しましょう。食費は自炊するなら1食あたり300円程度、外食中心なら600円程度で見積もると見通しがたてやすいです。

マンスリーマンションを東京で探しているなら最適です。物件が豊富ですし、交通アクセスが便利だからです。